マイクロダイエットとオプティファーストの相違点

マイクロダイエットとオプティファーストの相違点

マイクロダイエットとオプティファーストは、どちらもダイエット向け商品として人気があります。
両者はどちらもコンセプトが似ていますが、比べるといくつかの相違点が見られます。

 

■オプティファーストが医療向けとして人気なのは
非常に低カロリーであることが第一です。
1袋80kcalは、マイクロダイエットの半分以下です。
そのうえ、各種栄養もしっかりと摂取できるのです。

 

■味のバリエーション
6タイプの味がラインナップされているので、飽きやすい人でも続けやすいでしょう。

 

■リバウンド
ダイエット食品の最大のリスクはリバウンドです。
オプティファーストは、マイクロダイエットと同じくリバウンドがしない作りになっています。
脂肪を落としつつも筋肉は残しておくので、脂肪を蓄えることなく燃焼できるのです。
筋肉までも減らしてしまうダイエット商品の場合、リバウンドの危険性は非常に高くなります。

 

■美容によい
美容によい点がマイクロダイエットと共通しています。
ただ痩せるだけでなく、肌荒れ・乾燥を抑制する成分も取り入れます。
粗悪なダイエット商品を使うと、肌トラブルの原因になるので注意しましょう。

 

■飲みかた
1日に2回まで食事と置き換えられます。
マイクロダイエットと同じように利用できるので非常に便利です。
置き換え式ダイエットのメリットは、リバウンドしにくいことです。
これは、体重を落とすだけでなく、体重を落とすための体質に変化させるという意味です。

 

マイクロダイエットとオプティファーストの相違点
マイクロダイエットとオプティファーストは、非常によく似ている商品です。
置き換え式ダイエットというコンセプトからも分かるように、求める方向性には違いがありません。

 

商品としての歴史が古いのはオプティファーストのほうです。
1973年にスイスで生まれました。
マイクロダイエットの誕生は、1980年にイギリスで販売されたのがきっかけです。
両者の使い分けは、施設によっても異なっています。
規模が大きい大学病院ではオプティファーストを使用することが多く、医院やクリニック、薬局などではマイクロダイエットを使用することが多いようです。

 

マイクロダイエットとオプティファーストは、食物繊維を含みません。
食物繊維は便秘によいので、食事から摂取しましょう。
置き換え式ダイエットの商品は、必要な栄養価を含んではいますが、あくまで最低限の量だと考えましょう。
食事の代用として利用する場合も、しっかりと回数を守ったうえで使用するべきです。

 

食物繊維は血糖値が急激に上がるのを抑制してくれます。
これは、水溶性と不溶性のどちらの食物繊維にも見られる特徴です。
また、満腹感が得られることで、間食や食べすぎの抑制にもなるのです。

 

■価格について
マイクロダイエット(28日分)が35,280円。
オプティファーストを同様の28日で計算すると20,457円です。
こうして比べると、オプティファーストのほうが圧倒的にリーズナブルなのが分かります。
コスト面を考える人は、オプティファーストを選ぶことが多いようです。

 

マイクロダイエットとオプティファーストの相違点2