マイクロダイエットとオプティファーストの商品

マイクロダイエットとオプティファーストの商品

マイクロダイエットと同じ種類の「オプティファースト」は、優れた作用が認められており、医療施設で活発的に使われています。
マイクロダイエットよりも重度の肥満に対応していますが、個人的に使用する人はそれほどいません。

 

オプティファーストは、栄養バランスを調整することもできます。
粗悪なダイエット商品を使うと、痩せられたとしても栄養が不足して体を壊すこともあります。
また、リバウンドが発生するのもダイエット食品の成分が関係しているとされます。

 

■オプティファーストプログラム
マイクロダイエットにもあるセット品のようなものです。
値段は1箱14,490円です。
1箱には24個入っており、マイクロダイエットと比べても安価です。
味もよいので、無理なくダイエットできると評判です。

 

摂取のしかたは、マイクロダイエットと大差ありません。
「1回に2食分」「1回に1食分+軽食」のどちらかを選びます。
専用シェーカーに200~250mlくらいの水を入れます。
そのなかにプログラムを2袋入れてシェーカーで混合するだけです。
ミキサーを利用すれば、5秒くらいで飲めるようになります。
完成したら、なるべく時間をかけて飲用します。
これにより、満腹感を満たせるのです。

 

■オプティファースト70
ダイエットのためのサプリメントです。
たんぱく質、ビタミン・ミネラルなど、人体に必須な成分を含有しています。
軽食をメインにすると、どうしても栄養不足になりますが、オプティファースト70があればバランス調整は簡単です。

 

マイクロダイエットとオプティファーストの商品
マイクロダイエットと同じ種類のダイエット食品が「オプティファースト」です。医師が推奨している商品として知られており、医療機関でも活発に利用されています。

 

カロリーコントロールを目的に誕生したオプティファーストは、1970年に初めて作られました。
非常にカロリーが低く、1袋につき80kcalしかありません。
しかも、これだけカロリーを抑えながら、必須栄養素はすべて含んでいるのです。
ビタミン・ミネラルなどは、通常の摂取量をおぎなえる配合率になっています。

 

オプティファーストの使いかたは、マイクロダイエットと似ています。
普段の食事と入れ替えながら使用し、運動やスポーツなどを取り入れて代謝をよくするのです。
糖質を抑える成分も入っているので、つい甘いものを食べすぎる人にもよいでしょう。
緑茶の成分であるテアニンを含み、ダイエットの大敵であるストレスを解消しつつリラックスさせてくれます。

 

マイクロダイエットなどの置き換え式ダイエットは、必要な栄養素を摂取しながらカロリーを大幅にカットします。
そのため、ダイエットをしなくてもよい人が服用するのは好ましくありません。
必要な栄養素は入っていますが、完ぺきではありません。
食事の代用として使うには、回数を厳守して利用することが大切です。

 

オプティファーストとマイクロダイエットのどちらを選ぼうか迷っている人は、自身の生活スタイルに合わせて決めましょう。
個人的に使用するならマイクロダイエット、肥満解消のための治療ならばオプティファーストになります。

 

マイクロダイエットとオプティファースト