産後ダイエットの食事と母乳

産後ダイエットの食事と母乳

産後ダイエットの食事と母乳への影響
産後ダイエットは、出産を終えた女性が取り組みます。
妊娠中の運動不足や食べ過ぎによって体重が増加する女性が多いようです。
実際に出産で体重が減るのは、赤ちゃんがおよそ3000gで胎盤やそのほかのものでおよそ2000gですから、産後は5kg前後体重が減ります。
しかし、妊娠中に5kg以上体重が増えてしまった場合は、ダイエットを行う方がよいでしょう。

 

産後ダイエットは、赤ちゃんに母乳を与える時期でもあるので、食事によるダイエットは難しいようです。
また、産後3週間から4週間は、安静にしているのが理想なので、無理な運動は避けた方がよいでしょう。
ですが、産前の元の体系に戻したいと言う気持ちもあるでしょう。
赤ちゃんに母乳を与えている間は、しっかりと栄養を取り、バランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。
また、母乳を与えていると徐々に、体重が減って、自然に産後ダイエットにつながる場合もあるので、できるだけ母乳を与えるようにするとよいでしょう。
また、赤ちゃんに必要なカルシウムや鉄分が豊富な食事を取るようにしましょう。

 

母乳を与えている間の食事は、豆腐や魚類を中心に和食のメニューの食事を取るとカロリーの取りすぎを防ぐことができます。
そして、薄味にした方がむくみなどを解消できます。

 

慣れない子育てをしているとストレスを感じたり、規則正しい生活ができなかったりして、イライラすることもあります。
このようなときに甘い物や暴飲暴食をしてしまう場合があるので、家族に協力してもらいながら子育てを行うのが理想的です。
ダイエットの食事と産後太り
ダイエットを行うきっかけに、産後太りがあげられるでしょう。
妊娠中は、食事がおいしく感じたり、運動不足だったり予想以上に体重が増えてしまう場合もあります。

 

産後は、体重が増えてしまう場合が多いようです。
その理由は、いくつかあげられますが、妊娠中の運動不足や食事の量が増えてしまった、食事の好みが変わり甘いものや果物を多く食べていた、などさまざまな理由があるでしょう。
妊娠中に増えた体重を産後に元に戻そうとダイエットを始めるケースが多くあります。
妊娠中に増えた体重から、およそ5kgは、赤ちゃんや胎盤などによって体重が減ります。
ですから、5kg以上体重が増えた場合は、その分だけダイエットが必要と言えます。
しかし、産後から3週間から4週間は、安静にしている必要があるので、運動は避けなければなりません。
通常、産後に母乳を上げたりしていると、体重は自然に減って行きますが、食事にも注意した方がよいでしょう。

 

産後のダイエットは、無理な食事制限などは行わずに、栄養のバランスを考えて、食事をとるようにしましょう。
母乳を赤ちゃんに上げるので、あまり栄養のバランスなどが悪いと、栄養分が少ない母乳になってしまいます。
ですから、食事は、これまでどおり行い、甘い物などの間食を避けるようにします。
そして、徐々に体重を落としてダイエットを実施するようにしましょう。